任意売却のスケジュール

任意売却は、住宅ローンの融資先である金融機関合意を得た上で、返済を滞納している住宅を売却することです。一般的に競売よりも適正価格での売却が可能で、競売では強制退去が原則ですが、売却後も住み続けることができる場合もあるなど、将来的にメリットが大きいと言われています。
返済スケジュール通りの返済が困難になり、住宅ローンを滞納せざるを得ない状況になりそうな時、または滞納が数ヶ月続いている場合に、できるだけ早く検討する必要があります。滞納が3ヶ月続くと督促状や催告書が届くようになり、6ヶ月が経過すると分割返済の権利を失うので、一括での返済を求められます。その後、金融機関は保証会社を通じて返済を受ける代位弁済の手続きを行い、それから数か月後には競売開始決定通知が届きます。
競売までのスケジュールを考慮すると、任意売却を希望する場合は代位弁済までに、専門家への相談など具体的な行動を起こすことが大切です。数ヶ月の間に、金融機関との合意のための話し合いや不動産の評価、買い手を探すなどのスケジュールをこなさなければならないので、任意売却の経験豊富な専門家のサポートを活用すれば、より有利な条件で手続きを進めることもできます。
【参考】住み替えのために家を売る手引き書|ローンが残っていても売却できる?