任意売却に伴うリスク

一般に、任意売却は競売に回されるよりもリスクの少ない方法だと言われます。どちらも債務不履行によってもたらされる結果であり、建物を売却することによって住宅を追われるということに変わりはありませんが、自分で売値を決められたり、また売却後もしばらくは居住できることがある任意売却の方が安心できる点は確かに多いでしょう。しかし一方で、任意売却にもリスクがないわけではありません。
たとえば、競売と違って、自分で様々な手続きを追わなければならないという点です。競売の場合は、いわば何もしなくてもことが進行していきますが、任意売却だと自分で業者を探し、また債権者と交渉をして売値を設定するなど、要するに面倒事が多くなってしまいます。しかもその結果、必ずしも希望する売値で売却することができるとは限らず、結局買い手が見つからずに競売に回されてしまうというケースもあります。
それから、任意売却には少なからず悪徳業者がいることも大きなリスクです。前述の通り、自分でいろいろな手続きをしなければならないため、業者を探すのも自分です。その過程で、悪徳業者に騙されてしまうリスクもありますし、またたとえそうでない業者に依頼しても、業者の側がノウハウを持っておらず、希望の価格で売れないなどのリスクもあるので、http://www.cpdrhu.org/で業者選びには慎重にならなければなりません。